ジムジョールだぎゃあ!!(仮
写真とかネットゲームとかが趣味です。
プロフィール

ジムジョ~ル

Author:ジムジョ~ル
ブログ読者「疑問しますが、変態かまともかどっちなのですか貴方。ダブルスタンダードはやめてください」
ジムジョール「何だよ読者、オメェ「とっかえひっかえ」って言葉知らねぇのかよ?―あ、御免なさい、帰らないで!帰らないで―!」

ジムジョールの半分は「なさけようしゃ」もう半分は「ぜったいふくじゅう」で出来ております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりあるからこそ美しい
自宅の庭にぶどうができますた! 梅雨に濡れて憂い憂いしい果実が・・・!(とか表現すると危険ね!? 夏だねぇ…。 すべての生命には移りゆく時間で姿を変える。 夏の終わりには葡萄は収穫されるし 秋には花も散る ただ… 秋には紅葉 冬は雪 春に桜 夏に星と 本当にこの世界には飽きはこない。 終わりがあるからこそなにかが生まれる。 fate zeroのアーチャーさんが言ってましたね? 忙しかったり、悩んだりするときゃ 周りをもっと見ろ! ちょっとした庭先 道路の街路樹 それを含めた空や空気 太陽の光とかもう この世界は貴方に超ご奉仕状態よ!? …すいませんどう落としたらいいか…。( つまりは元気だせよ!の一言!
スポンサーサイト
君だけの旅路をつくれ
四国カルストを後にして次に向かうは桂浜 大政奉還ぜよお! 坂本龍馬といえばここではないでしょうか桂浜 視線は今はどこに向かってるのでしょうか・・・↓ この日は台風の影響もあり大荒れの桂浜 ただほんとに砂浜がきれい・・・! 海水浴場じゃないからか…それとも毎日掃除されているからか・・・ 砂浜に自分の足跡だけが残る なんとも荒々しい波 うーん今度は朝焼けを桂浜に見に来たい…。 その後は高知ならではの夕食 塩カツオのたたき! マンボウの刺身! うっめぇのなんのってもうwwwwwwww ビールがあれば最高なんだけど車なのでノンアルコールビール・・・ 気さくな店員さんがいろいろ話しかけてくれて一人でもなかなか楽しめました! 一本釣りさんごちそうさまでした! http://ggyao.usen.com/0004105607/ 翌朝帰る前に最後にもう一度香川へ 空海の出身のお寺、善通寺へ 尺八を吹いているおじいさんがいました( 四方を囲む仏像 ↓本堂 ↓周りのお堀にて ↓睡蓮の花 これにて四国散策の旅は終わりです。 なんだかとても侘しい。 改めて一人のさみしさや、自然の雄大さ 神仏の荘厳さ 人の優しさ人情 一人になって気づく 何より大切な人と過ごす素晴らしさ 普段忙しくて感じられないものすべてを味わうことができました。 もちろん心残りもあります。 えぇめっちゃあります(笑 ただまぁ、個人としてはとてもいい旅になったと思います。 次はどこへいこうかなーっと!
自らの魂が曇らぬように
前回の続き! 四国散策二日目、IN四国カルスト 四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台と日本三大カルストの一つ 標高1400メートル そもそもカルストとは… カルスト地形(独: Karst)とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である。化学的には、空気中の二酸化炭素を消費する自然現象である。(wiki参 まあつまりすごいところですよ!( いくつかの場所に鉄柵されているところがあって、そこは落とし穴のような穴が開いています。その下は鍾乳洞が広がっているそうです。 落ちたら死にます。えぇ。 いやぁ迷った迷った…。 この風景が出てきた瞬間鳥肌よ! ↓風力発電 思わず誰もいないと思って叫んだら案外近くに人がいて尻つぼみになった… でもほんとフォーーーー!とか叫びたくなるほどの景色が広がっていました! いっぱい牛が放牧されてます 牛しゃん牛しゃん 石灰岩の独特な地形 どこまでも繋がる緑のじゅうたんと蒼い空 この冒険している感、旅している感がもう最高\(^o^)/ いぃぃぃぃぃやっほぉぉぉぉぉぉぉぉ! タントたん!御苦労さま!
旅は道連れ世は情け
深夜3時ごろまで車で山道を走る…。 なんで四国こんなに街頭ないんだwwwww 怖すぎるわwwwww あきらめて途中の道の駅で寝る 車・・・俺一台だけ・・・。 はいてな訳で四国散策2日目は四国カルスト~桂浜 とりあえず朝ご飯はコンビニのおにぎり+ちかくの湧水 顔も洗ってすっきり!もう本格的におじさん化してきたな…。 四国カルストまでは車で約80キロ 山道をひたすら登ります。 途中見えた民家。石垣でかこまれた田んぼがすごい・・・。 寄り道しまくる・・・ ↓御三戸嶽 通称軍艦岩 突然見えた橋・・・。渡りたい・・・だけど・・・ひょおおおおおおおおおお ん??なんか奥に民家あるんだけどwwwww こんなところ毎回通るとかカオスだろおまwwwww 寄り道しすぎでまだまだ目的地まで遠いwwww
続きを読む
行こう僕だけのありのままの旅へ
明石海峡大橋↓ 2012年6月5日再び四国へ 目的はそう・・・!前回行けなかったこんぴら参りとうどん!! そして土佐桂浜と四国カルストへいくために・・・! 四国よ!私は帰ってきた!!! ええ今回も車で寝ます寝ます。 前回床が痛すぎた教訓を生かして寝袋二枚! 一枚はそう。。。床に敷き もう一枚を掛け布団のように・・・! ははははは!もう俺は家がなくなっても生きていける((( さて肝心な旅ですが初日なんと心強い現地スタッフの華喃氏にお越しいただけました・・・! 校門のまえでてんちょーはないだろハズいわwwwwww 皆見てるしwwwwwwww はい。この二人です。もちろん道に迷うわ迷う((( どうにか、なんか日本一に輝いたといううどんやさんで食事をとって やっと辿り着いたこんぴらさん! この果てしない階段を・・・ 見ても迷うのに必死にみている華喃氏↓ 置物かとまちがえた猫↓ お土産やさんを通り過ぎた後は5人百姓のべっこあめ売り なんでも選ばれた人しかここで商売できないらしい。 すこし遅くなったけどもこの日も雨だったんです((( ただ・・・雨でよかったかもしれない(´∀`*)ポッ ごほん。とにかく暑い暑いwwwww 旭社に着くころにはもう汗がwwwww 木々のトンネルまいなすいおーん↓ そして最後の階段を登り終え・・・!(このころはもう無言状態wwww 頂上ぉぉぉぉぉ! すばらしい景色と大社!(正面撮影禁止なのに撮ってすいませんwwww かわいい絵馬を見たり、巫女さんに裏切られたり( っと満喫して・・・ そして僕らはやってしまったんです・・・。 さらに上を・・・! こんぴらさん、じつはまだ登れるんですよね? そこからまさかの地獄・・・ええ写真撮る余裕もない・・・。 ↓白峰神社 そして真の頂上・・・ 厳魂神社へ・・・! ↓天狗面・・・後日食事した居酒屋で聞いたんだけれども・・・昔ここで修行したある皇族のひとがそのまま天狗になったんだとかなんとか・・・ 標高422mの飯野山。讃岐富士の別名がぴったり↓ いやぁ・・・つかれた1368段・・・。 かえりはゆっくりゆっくり下りて行き、お箸をかったり土産物のおばさんにからかわれたりと、僕以外はすべらず降りれました(((( まあ!いつも俺のネタすべらないしたまには(ぇ そして平家物語 扇の的のお話で有名な屋島へ・・・! 合戦の途中、源氏と平家でこれからの吉兆を示すために 源氏の那須与一が届くはずのない距離の扇の的めがけて矢をはなった。 与一は見事、扇を討ち落とすというお話 それだけではなく実はその続きがあり・・・ 与一はその後、命令され、まぐれでないことを証明するために舞をまっていた老兵を討ち殺してしまいました・・・。 怒りに湧く平家・・・ ここからは逸話ですが 与一はただ茫然と海のかなたを見て涙を流したと・・・。 それは嬉しいということではないのはわかりますよね? 平家物語・・・これほど虚しさというものを伝えてくれるものはないと思います。 はい!それでは香川コンプリーツ! へっぴり腰なのはズボンが・・・(ry その後は温泉行ったりお好み食べたりなんやらかんやら・・・・ 別れを惜しみつつ次の目的地の四国カルストへ向かいました。 車の中でこれが流れてうるっと来てしまいましたwwwww http://www.youtube.com/watch?v=c-5Fv4STmj4 それではまた次回!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。