ジムジョールだぎゃあ!!(仮
写真とかネットゲームとかが趣味です。
プロフィール

ジムジョ~ル

Author:ジムジョ~ル
ブログ読者「疑問しますが、変態かまともかどっちなのですか貴方。ダブルスタンダードはやめてください」
ジムジョール「何だよ読者、オメェ「とっかえひっかえ」って言葉知らねぇのかよ?―あ、御免なさい、帰らないで!帰らないで―!」

ジムジョールの半分は「なさけようしゃ」もう半分は「ぜったいふくじゅう」で出来ております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨に濡れても
つらいときは酒のんでわすれるんだ! のんだら胃が痛い |←樹海|     ┗(^o^ )┓三ひゃっほおおお まぁ今はつらくとも、いつか幸せからやってくるもんだ。 とにかく何が言いたいかというと雨がうっとうしい。 写真を撮りにもいけねえよ…。 ってなわけでマビもメンテなのでやることといえばとりあえず…。 そんなうっとうしい気分を紛らわす歌を聴こう!と思い出した曲 B.J.トーマス 映画、明日に向かって撃て!の挿入歌 『雨にぬれても』 Raindrops keep falling on my head but that doesn't mean my eyes will soon be turning red. Crying's not for me, cause I'm never gonna stop the rain by complaining because I'm free nothing's worrying me 雨が降りつづいている でもだからといって俺の目が赤くなってしまうわけでもないし 泣くなんて性に合わない なぜって 文句を言ったところで俺は雨を止めることなんてできやしない なぜって俺は自由 何も心配ごとなんてない 結構有名な曲ですから知ってる人多いとおもいます。 最近ウィキペディアで知ったんですが百貨店などで雨が振り出したことをお知らせするために流したりするらしいですよ? あとはスパイダーマン2の挿入歌にもありましたよね?w 個人的にはアメージングより昔の配役がよかった・・・。 話が少しずれましたが この最後の曲の終わりがなんかこう雨の中をステップして歩いて ふと見上げたら雨がやんで太陽が顔を出すってかんじを すごく表してるような気がします。 やまない雨はない。 雨がうっとうしいならかわいい傘を差せ 華麗にステップしてみて そして気楽に行きましょう!
スポンサーサイト
それは蒼く透き通る水の如く
いつの世も 人生とは 浮いて沈んで 川に浮かぶ葉のように さてこのたびは大阪は河内長野市 滝畑四十八滝へいってきました。 まずはイチバン有名光滝へ キャンプ場で1100円払って歩いていきます。 約15分ほど川伝いに歩いていくと川のせせらぎとは別の激しい音が… 見えてきました。 まるで無数の絹の糸が降り注いでいるかのような情景 光の滝とかいて光滝。 まるで光が降り注いでいるようにも思えました。 その後山をさかのぼること30分 つぎの御光滝へ・・・。 更に荒滝へ・・・! それにしても滝の音が荒々しいはずなのに なぜか自分の荒々しい気分とか、いらいらな気持ちとか 思い出したくない事、いやな事 つらいこととか一切合切忘れてしまえるんです。 この現象をマイナスイオン酔いとでもいいましょうか( 正直最近、いろいろ悩んで 仕事も行き詰って そこへきてなんだか昔思い出したり 簡単に人の関係って終わってしまうものだなぁとかそういうのを実感したり・・・。 ネットの世界のつきあいってのは怖いとあらためておもいました。 自分の経験を含めなんだろう・・・。 もともと私も人付き合い上手いほうではないですし 伝えないほうが良いのかとおもうことが 実は伝えてないことで相手がいやな思いをしたり・・・。 目と目があって会話するならこんなこと絶対に言わないだろうな見たいな事を すんなりいえてしまうんですからね・・・。 声が届かないから解らない。 簡単なことからすれ違ってはいおしまい。 ネットで日本中繋がれる時代。 良いところももちろん有るけど なくした物も多くなったなぁとしみじみと感じております。 千早赤阪の棚田はもうすっかり刈られておりました。 でも自分自身はぶれないように。 いつでも自分が自分を好きでいられる自分というものを しっかり目指す。 間違いもする。 戸惑いもするし悩みもする。 ただ それだけは それだけは絶対にぶれないように 生きていけたら良いとおもう。
久しい場所
そこは過去の行く場所 帰るものは何もなくて そして 思うことだけしか出来ないのに…。 うちの犬は捨て犬だったんです。 我が家に着てから13年ですね。 白内障で目が白い… あとは家から歩いて15分ほどにある久米田池というところへ行ってきました。 とちゅう小学生の女の子の集団にカメラマンさんだあああああって囲まれました。 四国のときみたいに無茶振りされなくてよかった(笑 飛翔する鳥たち コウノトリたち 来年ぜったい望遠レンズかおう・・・。
続きを読む
紅く燃ゆる炎のごとく
大阪の葛城山へ行ってきました。 ちょっと傷心した傷を癒しに(笑 まず迎えてくれたのは彼岸の花 「勧酒」という漢詩をご存知でしょうか? 中国が唐だったころの時代の詩なんですが 勧君金屈巵 (君に勧む金屈巵<きんくつし>) 満酌不須辞 (満酌辞するを須<もち>いず) 花發多風雨 (花發<ひら>けば風雨多く) 人生足別離 (人生別離足る) あまり意味わからないですよね? それを一躍有名にしたのが井伏鱒二の名訳なんですが 私の人生の教訓というか、なんというか。 この詩を読んだとき、なにか人生を悟ったような気がしたものです。 この杯を受けてくれ どうぞなみなみ注がしておくれ 花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ さよならだけが人生だからこそ 一つ一つの出会いを大切にしようというものです。 まぁ、私は失ってばかりですけどね・・・wなさけないことにw ただ、寺山修司はこの訳のあとに次のように詠ったそうです。 さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう はるかなはるかな地の果てに 咲いている野の百合何だろう さよならだけが人生ならば めぐり会う日は何だろう やさしいやさしい夕焼と ふたりの愛は何だろう さよならだけが人生ならば 建てた我が家はなんだろう さみしいさみしい平原に ともす灯りは何だろう さよならだけが 人生ならば 人生なんか いりません。 さよならだけの人生は寂しすぎる。 こんな自分でも新しい出会いがあり 新しい生活が続く。 人生ってのは出会いと別れの連続で 浮いたり沈んだりするからこそ面白いんでしょうね。 だからこそ、詩をかいたり 絵を描いたり またある人は写真をとったり 失った時間をなくさないために・・・。 台風の影響で雲が多いですが・・・w それなりに満足できました。 夕日って沈み始めるととても早いんですよ。 淡路島の影に消えてゆく・・・。 四国はもう見えないな・・・。 太陽が沈めば次はポツポツと灯りがつき始める 眠らない大阪の都市 関西国際空港 けっして失ってばかりじゃないんだと 自分で頷くために 今日もまた写真をとる。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。