ジムジョールだぎゃあ!!(仮
写真とかネットゲームとかが趣味です。
プロフィール

ジムジョ~ル

Author:ジムジョ~ル
ブログ読者「疑問しますが、変態かまともかどっちなのですか貴方。ダブルスタンダードはやめてください」
ジムジョール「何だよ読者、オメェ「とっかえひっかえ」って言葉知らねぇのかよ?―あ、御免なさい、帰らないで!帰らないで―!」

ジムジョールの半分は「なさけようしゃ」もう半分は「ぜったいふくじゅう」で出来ております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムジョールの無人島戦記その3
ょぅι゛ょ「ままぁ、あそこにへんなひといるよ!」 まま「みちゃいけません!」 はい前回は.淡島神社の写真公開でした。 今回はついに無人島「友ヶ島」の写真更新です。 友が島は第二次世界大戦時に日本軍の大阪防衛の拠点基地として 対艦用大砲をそなえる前線防衛基地として当時の陸軍によって さまざまな基地が立てられました。 それより以前には紀州徳川家により、さまざまな修行の場所として修験する場としても有名です。 さらば本州! さっそく出迎えてくれたのは野生のリス ほかにも野生のシカやクジャクなど野生動物が多数生息しています。 今回はリスと鹿(鹿はとれなかった・・・) 登山道を登っていくと見えてきました。 第3砲撃基地 中はこんな感じ。ここに弾薬を保管していたらしい。 すでに大砲はない。 途中の展望台で休憩 ↓裁判長!やせいのカラスがバナナをたべてます。無罪で死刑 淡路島と奥に四国が見える 海軍調音所後 ↓机のようなもの。なにか機材を置いていたのかもしれない ↓腐食された机が刻んだ時の長さを伝えてくれる。 第二砲台跡 ここは波と風でかなり腐食されている。 まるでジブリの天空の城ラピュタのような・・・ あちこち崩れてかなりあぶないwwwwひぃぃ 観測所からの眺め 巨大な筒状の岩の塊まで折れてしまっていた。 ちなみに大砲の弾ってこんな大きい。 レンガの廃墟ってなんでこう、美しいんですかねぇ。 ちなみにあちこち実は落書きされていたりゴミが落ちていたりと・・・ せっかくの美しい島、遺跡が台無しになっている個所もあります・・・。 情けない。。。 なにはともあれ、蒼い烏くんのおかげで真っ暗で懐中電灯がないといけないような場所もなんとかクリアしました・・・! 助かったぞぉぉぉぉ! こうして3時間ほどの散策が終わりました。 全部は回りきれませんでしたが、島の美しさと基地の廃墟の侘しさがマッチする 素晴らしい島でした。 ありがとう友ヶ島! 以上ジムジョールの無人島戦記でした!また次回!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。